敬老の日の良い過ごし方ランキング

no.1

ギフトを贈る

1番喜ばれるのではないでしょうか。日頃プレゼントを贈る機会というのは中々ありません。ギフトを贈ることで、特別感を出すことができますので、とても喜んでもらえるでしょう。どのようなギフトが良いのかは、事前にリサーチしておく必要があります。

no.2

お話をする

おじいちゃんやおばあちゃんと同居していない場合、電話や住んでいるところへ直接出向くなどをしてお話をしましょう。自分の子供や孫とお話をすることで元気をもらうことができ、明日への活力になるのです。なお、直接出向く場合は、アポなしで行ってしまうと、相手が困ってしまいますので、前もってアポをとりましょう。「親しき仲にも礼儀あり」ですので、身内でもきちんとマナーを守るようにしてください。

no.3

一緒に食事をする

家族や親族が一堂に会して、食事をするのも良いでしょう。大勢で楽しく食事をするのは楽しいものです。食事をしながら、昔話に花を咲かせたり、贈り物をしたりすると、とても喜ばれると思います。

no.4

手紙をプレゼントする

携帯電話を持っている年配の人は珍しくありません。そのため普段のやりとりは電話やメールが多いでしょう。しかしながら、今の時代だからこそ、日頃の感謝の気持ちを込めた手紙をプレゼントすれば、一層感謝の気持ちが伝わりやすくなるでしょう。

no.5

一緒に旅行する

日頃旅行する機会は中々ありません。この日を機に温泉旅行へ一緒に行ってはいかがでしょうか。温泉が好きな年配の人は多いので、とても喜んでもらえると思いますよ。温泉でゆったりとした時間を過ごすことで、リラックスできて、疲れも吹き飛びます。

どんなプレゼントをすればいいか迷う

一口にプレゼントと言っても、その種類は多岐に渡ります。どれを選ぶべきか迷ってしまい、選定に時間がかかることもあります。今回はそんな方のために、喜ばれると思われるプレゼントについてピックアップしました。

もらって嬉しいプレゼント

和菓子

おじいちゃんおばあちゃんどちらにも喜ばれるプレゼントです。甘いもの好きであれば、大変喜ばれることでしょう。喉に詰まりそうなものは選ばないよう注意が必要です。

お祝い事に花は欠かせません。大事な家族から素敵な花を贈られたら、一生の宝物となるでしょう。花ごとに花言葉がありますので、花言葉を基準にして花を選ぶのもいいかもしれません。

健康グッズ・美容グッズ

「いつまでも健康でいてほしい」「いつでも若々しくいてほしい」という思いを込めて、健康や美容関連のグッズを贈ると喜ばれると思います。プライベートブランドの商品には安価で良い商品が揃っていますので、興味があれば一度調べてみるとよいでしょう。

喜んでもらうために!敬老の日のギフトに関する基礎知識

女性

贈ってはいけない物

敬老の日には何でも贈っていいというものではありません。絶対に贈ってはいけないギフトというものが存在します。その代表的な物が緑茶です。「お別れ」をイメージさせるものなので絶対に避けましょう。またクシもプレゼントしないようにしてください。「苦」「死」をイメージさせるので避けるようにしましょう。これら以外のものをプレゼントするようにしてください。なお、もし緑茶やクシがほしいと要望があった場合に限り贈ってもよいでしょう。

極力贈らないほうがよい物

気持ちは嬉しいけれども困るようなプレゼントがあります。例えば消費期限や賞味期限があまりにも短いものです。年を重ねると、一度に多くの量を食べることができにくくなります。そのため食べきることができずに、消費期限や賞味期限が切れてしまうケースも多々あるのです。なるべく日持ちするものを選ぶようにしましょう。また量が少ないものが好まれる傾向にあります。

のしについて

贈り物をする際に、のしをつけるべきか迷う方もいらっしゃると思います。身内のため、絶対に必要というわけではないのですが、のしをつけたほうが、より感謝の気持ちを伝えるのに効果的でしょう。表書きは「敬老の日おめでとう」といった文にしてください。

ギフト選びは慎重に

ギフトを適当に選んでしまうと、喜んでもらえると思ったものが、逆に不快な思いをさせてしまう可能性もあります。そのようなことを避けるためにも、事前に情報収集するのがカギになります。

広告募集中